記事一覧

信用度が全く違います!

ファイル 3-1.gif

建設業を営んでいる方のなかには、「建設業許可取得なんて関係ない」とか、「公共工事をしないから・・・」とか、「特に大きな工事はしないから・・・」といった考えをお持ちのために、許可申請をしていないという方が多いと思います。

しかし最近では、民間工事でも、許可取得業者でないと仕事ができない現場も増えているようです。

さらに近年のリフォーム詐欺で、法律の上限を超える金額で請負った無許可業者が逮捕された事件にみられるように、建設業許可への関心も高まっています。

やはり今後仕事をする上で、「社会的信用」を得るには、建設業許可を取得することが得策なのは間違いありません。

これは官公庁の審査を通過した業者なので、責任を持って仕事を成し遂げるだろう、経営面も技術面もしっかりしているだろう、と、世間から思われるようになるからです。

逆に、無許可業者だと、責任ある仕事をするのか、経営面も技術面も大丈夫なのか、工事に欠陥が見つかってもしっかり対応する業者なのか、世間にはわかりません。

こういった観点から、信用度は全く違いますね。

許可を取得すれば、元請業者や協力業者に堂々と許可番号を伝えられるし、名刺、看板、広告等にも許可番号を載せて、一般の方にもアピールできます。

建設業許可取得は、建設業者にとって『最高の営業ツール』であると言えるでしょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
山本達也事務所バナー

アーカイブ