記事一覧

就業規則の作成・変更をお考えの貴社へ

雇用する労働者の有給休暇の年間取得日数が13日以下で、月間残業時間が10時間以上の企業が、有給休暇の取得促進や残業の削減に取り組むため、就業規則の作成・変更や研修、労務管理用機器の導入を行う場合、上限額100万円の助成金を受けられる場合がございます。

「職場意識改善助成金」という助成金です。

労働局に事業実施承認申請をし、社労士等のコンサルティングを受け、現状の分析・対策の検討を行い、それに基づいて有給休暇の取得促進や残業の削減のための事業計画を立て、就業規則の作成・変更等をし、運用し、その結果に応じて支給申請します。

ただし、事業実施承認申請は10月15日までに行わなければなりません。

もし宜しければ、当事務所までご相談ください。

山本達也事務所バナー

アーカイブ